fbpx

豚骨ラーメン発祥地”久留米”で本格ラーメン製作体験&久留米の文化に触れる旅

福岡県久留米市ツアー

豚骨ラーメン発祥地”久留米”で本格ラーメンを実際の店舗で作って、久留米の文化に触れる旅に出かけよう!

カートに入れる

豚骨ラーメンの発祥地”久留米”

みなさん、豚骨ラーメンを食べたことはありますか?

今世界的にも人気になってきている豚骨ラーメン。

もしかしてみなさんは、豚骨ラーメンの発祥地を”博多”だと思っていませんでしょうか?

 

実は豚骨ラーメンの発祥地は、”博多”ではなく”久留米”なのです。

今回はその豚骨ラーメンの発祥地”久留米”で、本格的な豚骨ラーメンを製作する体験ツアーをお作りしましたので、ご紹介いたします。

 

今回は特別にラーメンの激戦区久留米で、人気No1-2を争うお店”清陽軒”さんの実際のお店でラーメン製作体験ができるのです!

ただの家庭科教室のようなところで行うラーメン体験とは違います。

ラーメン職人さんが、毎日汗水垂らしながら、美味しいラーメンを作っているその神聖な”キッチン”でラーメン製作体験ができます。

 

またラーメン製作体験だけではなく、久留米についてちょっぴり深く知れる文化ツアーにもお連れいたしますので、ぜひご参加ください。

 

集合場所は、JR久留米駅でお願いいたします。

清陽軒

清陽軒さんは、久留米の中でも地元民から抜群の人気を誇るラーメン店です。

こちらは、地元ならではの久留米ラーメンを提供していますが、久留米ラーメンの最大の特徴は、”呼び戻しスープ”と呼ばれるスープにあります。

”呼び戻しスープ”とは、創業時から仕込んでいる元祖のスープを毎日付け足しながら、創業時本来の味をずっと提供し続けているスープのことです。

清陽軒さんは、1952年に創業しているので、2019年の現在、67年の歴史があります。

つまり!!

67年の歴史とその旨味が詰まったスープを提供しているのが、この清陽軒の”呼び戻しスープ”なのです!

本格的!豚骨ラーメン製作体験

はい、そんな素敵な清陽軒さんの文化街店は、通常は18:00以降しか開いていません。

ところが、Wa-Fuku Travelのツアーにご参加の方に限り、お昼の時間にラーメン製作体験のため、開けてくれます。

それでは早速本格的なラーメンを作ってみましょう!

まず最初に。飲食店ですので、手を洗い、清潔さを保ちます。

製作体験に入る前に、お店のラーメン職人さんが、久留米の豚骨ラーメンの開発秘話をお話してくれます。

 

実はこの豚骨ラーメンは、従業員のあるミスから生まれたものなのです。

まさか全国的にも知られているこの豚骨ラーメンの始まりが、ミスから生まれたものなんて誰が想像するでしょうか。

 

さあ、それはどんなミスだったか・・

実際にツアーに参加して、ラーメン職人さんから聞いてみてください♩

 

一通り豚骨ラーメンについて説明してくださった後、ラーメン職人さん自ら、お手本を見せてくれますよ。

やはり熟練の技は違うなというのが、目の前で見ているとすぐにわかるはずです。

 

ハチマキをした職人さんがラーメンを作っている姿はとてもかっこいいですよね。

一通り手ほどきを受けた後、早速ラーメン製作体験に入ります。

 

まずは麺を湯がきましょう。

福岡のラーメン屋さんでは、かた麺、普通麺、やわ麺といった具合に麺の硬さを選ぶことができます。

自分が食べたい硬さで麺を食べることができるように、湯がく時間を調節しましょう。

それが終われば今度は湯切りの時間です。

これがまた難しいのです。

麺を湯切り用の道具に乗せ、上下に振り、うまく湯を切ります。

 

この湯切りがうまくできているかどうかで、スープの濃ゆさなども変わりますので、非常に重要な作業です。

 

熟練のラーメン職人さんは軽々行いますが、みなさんはどうでしょうか?

麺をきちんと切ったら、呼び戻しスープの中に入れ、豚の背脂、チャーシューを追加します。

そして、メンマ、青ネギを入れたら、完成です!!

 

完成したら、麺が伸びないうちに早速食べてみましょう!

 

自分で作ったラーメンの味は、格別な味がしますよ。

 

本格的なラーメン屋さんでラーメン製作体験ができるのは、Wa-Fuku Travelだけですので、ご参考ください!

はいよ!

自分で作った本格豚骨ラーメンの出来上がり♩

久留米文化センター

お腹いっぱいになった後は、久留米の文化に触れる旅に出かけましょう!

 

久留米には久留米文化センターがあります。

そこには大変綺麗な庭園があり、市民の憩いの場として地元民に愛されています。

 

実はここを設立したのは、ブリヂストンタイヤで有名な石橋正二郎氏で、創業25年の時に、久留米市に全ての施設を寄贈しました。

たった25年で、この巨大な施設を市に寄贈するというブリヂストンタイヤの発展ぶりと、石橋正二郎氏の器の大きさまた久留米に対する思いをうかがい知ることができます。

久留米文化センターの庭園には、立派な噴水があり、その周りに季節に応じた花々が咲き誇っています。

 

すごく綺麗で、見とれてしまいますよ。

 

また久留米文化センターの中では、色々なイベントがあり、また石橋正二郎氏、ブリヂストンの歴史を知ることができるミュージアムもあります。

 

公共施設のため、このサイト内で中の写真などを公表することはできませんが、ツアー当日はWa-Fuku Travelのガイドもしくは施設のガイドさんが中を紹介してくれるので、ご安心ください。

楽水亭

久留米文化センターで、久留米の歴史などについて学んだ後は、施設の中にある楽水亭に行きましょう。

 

この中で食べるかき氷や紅茶などは本当に美味しいんですよ。

期間限定で出されていたパンダのアイスは本当に可愛かったですよ!

 

みなさんがツアー参加した時に、どんな期間限定の商品が出るか楽しみですね。

水天宮

全国にある水天宮の総本宮がここ久留米にあります。

水天宮は、水と子供を守護し、水難除け、漁業、海運、農業、水商売、また安産、子授け、子育てについて信仰が厚いです。

ここでお参りしましょう。

 

またここから見る筑後川はすごく綺麗なのです。

久留米市観光案内所 地場産久留米

さあ旅の最後は、地元久留米のお土産を買って、締めくくりましょう!

 

ここJR久留米駅構内にある地場産久留米では、久留米ラーメンのお土産や、久留米のマスコットキャラクターの”くるっぱ”をモチーフにしたたくさんのお土産があります。

買い物が終われば、これで今回の久留米のラーメン製作体験&久留米文化体験ツアーは終了です。

みなさん、どうでしたでしょうか?

 

Wa-Fuku Travelなら、飲食代金、体験代金、、施設入場費、タクシー料金、全て込みで、お一人様19,800円(税込)で行なっております!

また上記の値段は6名様以上からですので、6名以下でご参加希望の場合は、ご相談ください。

 開催日

2019/8/1 → 2019/10/31

月曜日はお休み

一週間以上前の予約のみ対応

 開催時間

 → 

 基本料金

¥19,800(税込)

催行人数6人〜12人

※6名以下での参加をご希望の場合ご相談ください。

一週間以上前の予約のみ対応

カートに入れる

基本料金

¥19,800(税込)

料金に含まれるもの

  • 体験代金
  • 飲食代金
  • 施設入場費
  • タクシー代金

含まれないもの

  • 集合場所(JR久留米駅)までの往復交通費

集合場所

JR久留米駅改札でお待ちしています。

※JR博多駅までお迎えが必要な方は、別途3000円でお迎えに上がります。

開催日

2019/8/1 → 2019/10/31

月曜日はお休み

一週間以上前の予約のみ対応

時間

 → 

催行人数

最大:12人

最小:6人(6人以下の場合は別料金となりますので、ご相談ください。)

ツアーガイド

当日はWa-Fuku Travelの陶山がガイドいたしますので、ご安心ください。

(※状況により別のガイドになることがございますので、ご了承ください)